フォアのテイクバックのポイント

ソフトテニスで、フォアハンドのテイクバックが上手くできていますか?
力が入ってフォアのテイクバックが遅くなってネットしてしまうという人も少なくありません。

 

フォアのテイクバック

 

特に初心者は力の入らない打ち方になっている人が多く見られます。
ですが、ラケットを引くテークバックは、振り遅れない範囲でしっかりとることが必要です。
正面から見た時に、ラケットが背中ら見えるくらいの位置まで引いておけば、インパクトまでの距離が長くとれ、力強いボールが楽に打つことが出来ます。

 

 

テイクバックの引きが小さいと腕力に頼った強引な力んだスイングになる打ち方になりやすので気をつけましょう。
そんなフォアのテイクバックのポイントは、手首の形を変えずに、構えの形からそのまま引いて、面の向きをなるべく変えない一定に保つこと。

 

 

そうすれば正確に打つことが出来るようになります。
ですが、極端に面を上や下に向けてしまうとインパクトが正確に出来ないので注意してください。あくまでラケットの向きが変わらないようにしましょう。

 

 

そして、力強いボールを打つには身体の前でインパクトすることも大事。
体の後ろ側で打つと、腕だけで打球の衝撃を受けるようになり、非力な打ち方になってしまいます。

 

 

更に、左足を踏み込んで重心移動しながら打つことも大切です。そうすることで下半身の力を活かした打ち方ができますからね。
あくまでインパクトでは、ラケットの面が地面に対して垂直に近い形が理想です。

 

 

なお、テイクバックのときの左手の位置やインパクト時のポイント、足の動きなどフォアハンドには9つのポイントがありますので、しっかり押さえておくとよいでしょう。

 

ソフトテニスの極意の詳細を見てみる