フォアハンドとは全ての基本

フォアハンドとは、一度コートにバウンドしたボールを右手側で打つことを言いますね。
打点の高さによって、アンダー、サイド、トップに分かれ、軌道が低く、勢いがあるボールをシュート、大きくあがってゆったり飛ぶボールをロビングといい、あらゆるショットの基本と言えます。

 

フォアハンド

 

ソフトテニスを始めたときから一番打つ機会も多いですし、試合でもフォア同士の打ち合いによるラリーも展開されます。
ダブルスの前衛でもレシーブはフォアハンドストロークを打つようになるので、技術的にも重要度は高く、試合に勝つには必須のショットです。

 

 

特にソフトテニスでは、ネットプレーでもストロークのような打ち方が多くなり、ローボレーにも通じるところもあるので、しっかり身につけておけばあらゆるショットの上達に繋がります。
実際にフォアハンドストロークが得意な選手は、ネットプレーも上手で、ハイボレーやロビングなどの応用プレーもうまく、多彩な打ち分けが出来ています。

 

 

また、ソフトテニスをはじめたばかりの初心者なら、まずはフォアハンドストロークがしっかり出来るようになれば、試合では、難しいバックハンドを打たなくてもよいポジションに構えておくようにして、多くのボールをフォアで狙ったところに打ち返すことができれば勝てるということもあります。

 

 

特にフォアで相手のバックサイドを狙うと主導権が握れます。
特に有効な方法がスイングを速くして、ボールの回転を増しながらボールコントロールを良くすることです。

 

 

これは強豪中学でも取り入れている方法で、ポイントは、上半身ではなく足の使い方。
これをマスターすれば、中学からソフトテニスを始めた初心者からでも簡単に狙ったところにより確実にボールを打てるようになるでしょう。

 

ソフトテニスの極意の詳細を見てみる