フォロースルーのコツ

ソフトテニスのフォアハンドではラケットを最後まで振り切る動作であるフォロースルーも大切。
そんなフォロースルーのコツは前へ大きく、尚且つ、上へ高く振り切ることです。

 

フォロースルー

 

そのように振り切れば、ネットを越えるボールが打て回転もかかりますからコートにしっかり入るボールが打て、コントロール性の高いショットが可能になります。

 

 

ですが、インパクト後にすぐにラケットを止めたり、体の左側に巻きこんだりするのは良くありません。ショットが不安定になる原因になります。
その為、ボールの行方を追うようなつもりで振り抜きましょう。

 

 

もし、最近ボールがネットに引っかかる、もしくは思ったよりも低く飛んでしまうようならフォロースルーが小さくなってしまっていることもあるので確認してみて下さい。

 

 

特に初心者は、まずはネットだけはしないようにように、少し高いところを通すように、安全な打ち方をマスターするところから始めると良いでしょう。

 

 

ボールの軌道が低くなってしまうと、初心者はラリーを続けることが出来ません。
また、試合では相手の前衛につかまりやすくなります。
敵のコートを直接狙うのが難しいのなら、ネットを目標にして打つ高さの目安にして、ショットをコントロールすると良いでしょう。

 

 

なお、ネットにかかることが多いなら、ノーバウンドのボールを打ち返す練習をするのが効果的です。
パートナーに下手投げでボールを投げてもらい、上から落ちてくるとこを打ちます。

 

 

ボールに下向きの力が強く働いているので、しっかりラケットを持ち上げないと上手く相手の方に返球できません。
うまく相手の返そうとすると、おのずとラケットを上に高く振り抜くスイングになって理想的なフォアの打ち方が身につけられるかと思います。

 

 

その際には、膝を曲げてボールが来るのを待ち、スイングに合わせて下半身を伸び上がりを使いながら全身で持ち上げるようにするのが大事です。

 

ソフトテニスの極意の詳細を見てみる