フォアハンドの握り方

ソフトテニスのフォアハンドの握り方じはどのようにしていますか?
グリップの握り方には色々ありますが、僕が教えてもらったのは、グリップの側面に人さし指をあてがい全体を包み込む握り方です。

 

フォアハンドの握り方

 

そのように握ると、ラケットを身体の前に出しボールが当たるインパクトのときに正確に平らな面を作りやすく、相手の威力のあるボールにも打ち負けにくい力が入りやすいのが特徴です。

 

 

いわゆるウエスタングリップです。
この時には、人さし指をやや立てるようにするとグリップを広く支持出来てより面を安定させやすいです。

 

 

逆に良くないのは、人さし指や親指をピンと伸ばすようにするのは良くありません。また、ぎゅっと握るのも返って力が入りすぎて力みに繋がります。
丸めたポスター潰さないような感じでグリップを包み込むように握るといいでしょう。

 

 

手とラケットが一体になることでスピード、パワー、コントロールが生まれます。
フォアハンドのグリップの握り方が良くないと、肘が曲がり過ぎたり、反対にの伸び過ぎたりすして、フォームが全体が崩れかねません。

 

 

ですが、きちんと正しいフォアハンドのグリップの握り方をすれば、右ひじが適度に曲がって、理想的なフォームで打つことが出来ます。
多くのショットはウエスタングリップを使って打ちますので、中学に入ってはじめてソフトテニスを始めた方は、いろいろなショットへの応用を利かせることが出来るフォアハンドをまずはしっかり身につけましょう。

 

 

なお、ソフトテニスの強豪中学ではフォアハンドの初心者指導も一般の教え方とは一味違うようです。

 

ソフトテニスの極意の詳細を見てみる