ソフトテニスは戦術や駆け引きで勝てる

ソフトテニスの試合で勝つには、全てのショットをまんべんなく打てないといけないと思っている人が多いかと思います。
でも、実はそんなことはありません。

 

戦術

 

特に中学からソフトテニスをはじめた人なら、尚更そんなに早く全てのショットが上手く出来るわけありません。
実際に強豪の選手にしても、トッププレーヤーでも程度の差はあれ、得意不得意があり、苦手なショットがあるのが普通です。

 

 

例えば、バックハンド苦手な選手なら、とにかくフォアに回り込むようにして、バックハンドでは簡単に打てる返球でしのぎまくるといういう作戦だって、中学生なら立派な戦術です。

 

 

そうして、相手に際どく狙わせて自滅を誘うことだってできますね。
そして、自分がどう打つかもさることながら、相手のモーションから気持ちを読み取り、相手の嫌がるショットやコースを選択することが必要です。

 

 

そうして、逆を突いたり、あざむいたり、相手が苦手なコースに打ったりして、精神的に相手を追い込んでいきます。
実際に全国常連の強豪中学はそこまでしっかり考えて、相手にコースを変えさせるように誘い出すなど、ファーストサーブから攻撃的に打つています。

 

 

このようにいろいろな駆け引きして考えながら打てるようになると、例え苦手なショットがあったとしても、戦術次第で試合に勝てるのがソフトテニスの面白いところです。