フラットサーブを軸に!攻撃の幅を広げよう

ソフトテニスで試合に勝つにはサーブが重要です。
よく中学生で試合の後半になると強いサーブが打てない選手も目にします。

 

サーブは、頭より高い打点で打つオーバーハンド、肩より低い打点でボールに回転をかけて打つアンダーカットに大きく分けられます。

フラットサーブを軸に

 

オーバーハンドサーブのうちボールをフラットにインパクトして強い打球になるフラットサーブは、試合の後半になっても打ち続けられるように確実に身につけておくことが大切です。

 

 

フラットサーブは、打ちたい方向に平行に足を並べて構え、グリップはセミイースタンにして、ボールの中心を垂直に叩くように打ちます。

 

高い打点でインパクトすることで、ボールが直線的に飛ぶようになるので、スピードがあって威力がでるサーブになるからです。

 

そのうえで、バウンド後にボールが左方向に変化するスライスサーブも身につけておくといいですね。(右利きの場合)

 

 

グリップはイースタンで握り、ボールの右斜めを上部をこするようにインパクトします。

 

また、ボールの左側をとらえるリバースサーブは右方向に変化する軌道になります。

 

そして、中学生でもより高い全国レベルを目指すなら、入ればいいという意識は捨てましょう。

 

 

相手が苦手なコースだったり、自分たちがラリーに優位に持ち込みやすい得意なコースなど、狙いをハッキリさせて打つことが必要です。

 

試合状況や相手を良く観察して、フラットサーブを軸にしながらクロスかセンターをきちんと狙い、そこにスライスやフラットサーブなどを織り交ぜていくと良いかと思います。

 

その結果、攻撃により幅がでて、試合展開を有利にすすめることができるはずです。

 

試合の後半になっても強い良いサーブが打ち続けられる練習とは?
TOPへ