ショートボールの練習

ソフトテニスでショートボールの練習をしておくことは、試合に勝つうえでもとても大切です。
何故なら、左右の揺さぶりに比べ、前後の揺さぶりに弱い選手が多く、中学の強豪校の選手というのはしっかりショートボールの打ち分け練習などもしているからです。

 

ショートボールの練習

 

ただ、初めからショートボールを打つのが相手にわかってしまっては、うまく返球されてしまうので、ラリーの組み立てが重要です。
それには相手をベーライン付近でプレーをさせ、敵が思いもよらないところで出し抜けにショートボールをネット前に落とすようにすれば、相手陣形が崩れるので有効です。

 

 

また、相手の返球も甘くなり、チャンスボールが上がってくることも多くなるでしょう。
ショートボールの打ち方で大切になるのは、他のショットと同じテークバックから、打てるように練習しておくことがポイントです。

 

 

例えば、ラケットを高く構え直線的に速く飛ぶシュートの強打を打ってくるように見せかけて、スライス回転をかけてショートボール打つなどして、敵をあざむくことができれば、有利な試合展開に持ち込めるはずです。

 

 

ショートボールの練習方法としては、打つ人がサービスライン付近に立ち、待球姿勢をとり、球出しする人は、ネットの反対側からラケットで山なりボールを出します。

 

 

それを、高い打点でボールの下側を切るように打ち、スライス回転をかけたカットストロークでネット前に短く打つようにします。
この時にはボールの回転量と距離を確認しながら打つようにしましょう。

 

 

これが出来るようになったら更に、ショートクロスとセンターの打ち分けも出来るようにしておくと効果的なので、方向によって打点を変えて打つように練習しましょう。
打ち方はショートクロスの場合は打点をやや前にし、センターは打点をやや後ろにするようにするといいかと思います。

 

 

このようにラリー中に、ネット際に短く打つショートボールが使えると、高い効果が期待できます。
これはソフトテニス初心者でも得点をとりやすいパターンなので、日頃からショートボールの練習をしておくと良いでしょう。

 

清明学園が冬場によく練習しているショートボールの練習とは?

 

ソフトテニスの極意の詳細を見てみる