試合中にプレーを立て直す

ソフトテニスで試合に勝つには、試合中にプレーを立て直すことも必要になります。
そんな時には、サーブとレシーブの確率やミスの多い場面、相手の武器や弱点を把握することが大切です。

 

プレーを立て直す

 

そして、試合で有利に展開させるには、ラリーの最初のショットであるサービス&レシーブから攻撃につなげるようにしたいものです。
ですが、どんない強いサーブやレシーブが打てたとしても、相手を崩せなければ次の攻撃には繋がりません。

 

 

相手の正面やフォア側に打ってしまっては、相手にチャンスボールを与えてしまうことにもなりかねません。
そのため、相手を動かす、少しボールを深く入れる、やや角度や高さをつけたりと変化させるなどの工夫をすることが大事です。

 

 

また、最近は打つ瞬間にラケットでボールの下側をこすり、スライス回転をかけるカットストロークなど、ボールに回転の変化をつけ、相手の返球を甘くさせ、次の攻撃に繋げることも増えているので、積極的に練習するといいかと思います。

 

 

また、相手から打ちやすいボールが返ってきたのにミスをしてしまうようでは、勝利が遠のいてしまいます。
自分がどんな時にミスが多いのかといったことを確認し、そうした状況にならないようにしましょう。

 

 

ミスが出やすいポイントとしては、準備の遅れがほとんどです。その他にも、ボールの距離感があっていなかったり、バランスを崩しているなどが挙げられます。

 

 

更に、大会でのトーナメントを勝ちに抜くには、対戦相手の試合が見れるときには、自分たちのペアよりも実力が上か?攻撃的なのか守り重視なのか?

 

 

ミスをしないタイプなのか、前衛・後衛のどちらが主体か?サービスやレシーブのコースや確率、後半ではどのようなプレーをするのか、得点を取られたときにどのような表情をするのかなどをチェツクし、自分たちが勝つための対策を考えていきましょう。
これが当日に勝つために必要な、試合中にプレーを立て直すポイントになります。

 

ソフトテニスの極意の詳細を見てみる