レシーブのコツ

ソフトテニスで相手のサービスを返球するレシーブは、サービス同様に試合の始まりの重要なショット。
やはり強い選手は、レシーブもしっかり決めてきます。

 

レシーブのコツ

 

そんなレシーブで大切になるのは、出来るだけポジションを上げて打つようにすることがコツです。
何故なら、相手のサーブが有効打の場合はサービスラインよりも必ず浅い場所で弾むようになりますから、前に詰めてアタックする姿勢で臨むようにしたほうが効果的だからです。

 

 

そのようにすれば相手前衛との距離が詰まりプレッシャーも与えることにもなり、ボレーに出にくくさせることにも繋がります。
ただ、ポジションを前に上げているのに打点が遅れては意味がありません。

 

 

ストロークと同じように、打点を前にとり体の前で確実にさばくようにすることが大事です。
特に相手が威力のあるサーブを打ってきた場合は、スイングをコンパクトにして対応するようにしましょう。

 

 

前衛ならレシーブを打ったらネットに詰める必要があるので、打点をより前にとり、前方に向かう勢いをつけてそのままダッシュに繋げるようにすれば、ネットプレーで優位なポジションに入りやすくなります。

 

 

また、これはショットのコントロールの基本ですが、狙う方向に足を踏み込み両足を結ぶ延長線上に飛ばすというようにするのが、身体の使い方で一番理にかなっていていて合理的です。

 

 

体重移動もその方向に行われるようになるので、ボールに重みを乗せて重いレシーブをフォアでコントロールよく打つことが出来ます。
バックハンドレシーブでも、コート前方に入り込んで攻撃的に相手のサーブをアタックしましょう。

 

 

その際の打点はフォアよりもさらに前に取り、体の回転を使って打つようにしましょう。
手先の操作で狙おうとするとミスしやすいので注意してくださいね。

 

合わせて読みたい関連記事

ソフトテニスの強い人の特徴